シミ取り化粧品で後悔?顔のシミを消したい!【私の体験口コミ】

レチノールでシミは消えるの?副作用は本当にないの?【シミ取りQ&A】

レチノールという成分でシミは消えますか?

友達がシミを消すのにレチノールという成分が入った化粧品を使っているようです。
もし、いいなら私もレチノール配合の化粧品を使ってみたいと思っています。(友達が使っている商品にはこだわらず…)
レチノールってどんな成分ですか?シミを消すことはできますか?

女性

レチノールは薬に分類されていて、シミ取り効果も高いようです。でも、長期間や妊娠中・授乳中の使用は控えておいた方がよさそうですよ!

シミに効果のある成分と言えばハイドロキノン。これは間違いないでしょう。
ただ、最近はレチノールという成分が注目を浴びています。
レチノールを配合した薬がシミやソバカスに対して大きな改善効果があるとアメリカで発表されたのですが、それ以降、日本でもレチノールの評価が急上昇。

ただ、これは成分というよりも薬というジャンルになっているみたいです。
実際、皮膚科でシミを消す時には必ずといって良いほどにレチノールが処方されますからね。
医者にとってみれば「シミ取り=レチノール」なのかもしれません。

効果が高いのは有名なのですが、薬なのでやはり副作用という問題が出てきます。
でも、レチノールは今のところ目立った副作用は報告されておらず皮膚の弱い方はアトピー肌の方でも使えているみたいです。

なので、使っても安心だとは思いますが、長期の使用に関しては控えた方がいいかもしれませんね。また、当然ですが妊娠中、授乳中の方も使用はやめましょう。
副作用が確認されていなくても、薬を体内にいれることでの胎児・乳児への影響が出てくる可能性は高いです。

あと、レチノールは薬ですのでシミへの改善効果は高くなってきますが、美肌という視点で見るとほとんど期待出来ません。
体質との相性もあるでしょうから、レチノールを使うことで肌荒れを起こす可能性もゼロではないでしょう。
ですので、レチノールでシミを消していこうとした時はいつもより丁寧にシミケアを施していくようにして下さいね。

シミ子

失敗しないシミ化粧品選び!【私の体験済おすすめランキング】

5131213
公式ボタン

関連記事

  1. シミは美顔マッサージで悪化する?【摩擦や化粧品が原因?】
  2. シミ取り化粧品は高い?安い?【トライアルセットがおすすめ】
  3. シミ取り化粧品の香りは?【無香料・臭い・使い心地】
  4. 美白成分の成分でシミへの効果も違う?【消えないシミも?】
  5. シミ取り化粧品や美白コスメ乾燥する?【保湿力足りない?】
  6. 美白化粧品効果なし?成分で差!【何使っても変化なし?】
  7. 美白成分の種類とは?【どの成分が効果おすすめ?】
  8. 美白コスメは即効性ない?【長い間使わないとダメなの?】
  9. ターンオーバーを整えるとシミ・くすみも改善?【おすすめ化粧品】
  10. ハイドロキノン副作用ある?【シミ消す効果どう?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)