シミ取り化粧品で後悔?顔のシミを消したい!【私の体験口コミ】

美白成分別の肌への刺激って?美肌効果に違いもある?【シミ取りQ&A】

美白成分によって肌への刺激の違い、美肌効果の違いはあるのですか?

こんにちは。
美白化粧品に興味があり試したいと思ってはいますが、友人に話すと、美白効果がある成分はある程度、肌への刺激もあるものだからやめた方がいいと言われてしまいました…。
肌に優しくて美白効果がある成分っていうのはないものなのでしょうか?

女性

刺激が強いものが、美白効果が高いということでもないみたいですよ!

シミコスメを選ぶときに気をつけたいのが、肌への刺激です。
配合されている成分によって、肌への刺激の大きさが異なっているので「シミケア化粧品」というジャンルは一緒でも、実際に使ってみると肌が荒れてしまったりするケースも確認されています。

一般的にシミに効果のある成分として「ハイドロキノン」が有名なのですが、この成分は肌への刺激でも有名で、使うと直ぐに肌が荒れてしまったり、皮が剥けたりというトラブルが後を絶ちません。
とは言え、現状ハイドロキノン以外でシミに効果ある成分は見当たらないので、肌への刺激を覚悟でハイドロキノン入りのシミケアコスメを選ぶ必要があると思います。

「ということは、肌が荒れるのを覚悟してシミケアに望まないとダメ?」と思ったかもしれませんね。
ハイドロキノン入りの商品を使うのであれば、肌ダメージを覚悟して使わないといけません…というわけではないので安心して大丈夫です。

配合されている成分によってシミへの効果が変わるのは確かなのですが、大切なのは成分の配合方法です。

ハイドロキノンが配合されている商品であったとしても、肌へのダメージはそれぞれ異なっています。

つまり「どれだけ肌にダメージを与えない方法で配合出来るのか?」ということがポイントになっているわけですね。

ですから、口コミ情報をみて「肌へのダメージはどうなっているのか?」ということを事前に確認して欲しいと思います。

そうすれば、ハイドロキノン配合で、なおかつ肌へのダメージが少ないシミケア化粧品に辿りつけることでしょう。

シミ子

Q&Atopページへ
TOPページへ

失敗しないシミ化粧品選び!【私の体験済おすすめランキング】

5131213
公式ボタン

関連記事

  1. シミは美顔マッサージで悪化する?【摩擦や化粧品が原因?】
  2. シミ取り化粧品は高い?安い?【トライアルセットがおすすめ】
  3. シミ取り化粧品の香りは?【無香料・臭い・使い心地】
  4. 美白成分の成分でシミへの効果も違う?【消えないシミも?】
  5. シミ取り化粧品や美白コスメ乾燥する?【保湿力足りない?】
  6. 美白化粧品効果なし?成分で差!【何使っても変化なし?】
  7. 美白成分の種類とは?【どの成分が効果おすすめ?】
  8. 美白コスメは即効性ない?【長い間使わないとダメなの?】
  9. ターンオーバーを整えるとシミ・くすみも改善?【おすすめ化粧品】
  10. ハイドロキノン副作用ある?【シミ消す効果どう?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)