シミ取り化粧品で後悔?顔のシミを消したい!【私の体験口コミ】

日焼け後のケア方法の正解は?シミ予防の美肌ケア【顔が赤い時は?】

日焼けケア画像

「うっかり日焼けした!」 
「顔が赤い!痛い!」
「もしかしてこのままシミになってしまうの?」
「今すぐできる事ってある?」

色白美肌のためには日焼けは大敵!

日焼けをしないことが大前提ですが、うっかり焼いてしまったという人もいるのではないでしょうか。

このページでは日焼け後すぐにやっておきたケア方法や、シミにさせないための予防の美肌ケアについて重点的にご紹介してまいります。

日焼けはやけどと同じ状態だといわれています。酷い場合には、かゆみ・水ぶくれ・皮がむけてヒリヒリとした痛みが続きます。

早めに正しいケアをしてすこやかな肌に戻してあげてください。

至急!日焼け後にまずやる正しいケア方法とは?

日焼けケア画像

とにかく冷やす!

水ぶくれができるほどの赤み・腫れが出ている場合やヒリヒリと痛くなっている日焼け後の肌は

「まず冷やす」ことが肝心!

熱がこもっている肌はヤケドと同じです。

ナイロン袋に氷

ナイロン袋に氷を入れて直接赤くなった肌を冷やしましょう。

日焼け肌には多少の痛みが最初はあるかもしれません。ですが、顔や肌が赤いならまずは早急にクールダウンさせてあげてください。

水シャワーかぬるめのシャワーを浴びるのも良いですね。

肌に水分をたっぷり与えて保湿

良く冷やすことができたら化粧水をたっぷりつけて水分を与えましょう。

氷で冷やしながらでもかまいません。

日焼けしすぎた時は赤くなったあとにかゆみを伴い皮膚がむけてしまうこともあります。

肌トラブルに直結する日焼けを少しでも収めるために、ダメージを受けた肌には何度も何度も化粧水を重ねづけして下さい。

冷蔵庫で化粧水を冷やしたものを利用したり、ローションパックをして集中的に水分を与えて冷やすのも有効ですよ。

自分自身も水分を摂取し身体を休める

また、もちろんご自身もたっぷり水分を飲んでください。

体内にたまってしまった熱を排出するには水やスポーツ飲料などを「少しずつたっぷり」飲みましょう。

強い日差しに当たり続けることは肌だけでなく身体も疲れさせます。中には熱を出してしまう方もいらっしゃいます。

日焼け後は内側からも外側からも水分補給をしてゆっくり休むのが一番先にやるべきことです。

美白ケアは日焼け肌が落ち着いてから!

日焼けケア画像

日焼け後直ぐにでも始めたい美白ケア。

ですが、ダメージが残ったままの肌に強い成分の美白化粧品を投入するのは絶対ダメです!

まずは日焼け後の肌をクールダウンさせて落ち着いたら美白ケアを始めるようにしましょう。

再びダメージを受けない対策

日焼け肌であっても出勤したり学校にいかなければならないのは苦痛ですよね。

できればスッピンでいきたいところですが、ダメージを受けた肌に更に紫外線をあてないためにも、日焼け止め対策はしっかり行いましょう。

「もうこんなに焼けちゃったからどうでもいいや!」

と、お手入れを怠るのは絶対にやめてください!

日焼け後さらに紫外線を浴び続けることによってメラニン色素がどんどん生成されるうえに色素沈着して濃いシミができることも考えられますし、皮むけをくりかえしてまだらで悲惨なお肌になってしまうかもしれません。

肌がまだ痛い場合ですと帽子や日傘、落ち着いてきたら日焼け止めクリームとファンデーションで肌を守ることが重要です。

ホワイトニング重視のコスメ選び

美白化粧品やシミ対策の化粧品は数多く販売されていますね。

ホワイトニング成分がきちんと配合されたもの、そしてなにより自分の肌に合った美白化粧品を選ぶようにしてください。

日焼け後の肌はダメージを受けていますから、添加物が多く配合されているものや刺激の強い美白成分のコスメを使うと肌荒れをしてしまうこともあります。

普段はなんともないいつも使っているコスメでも、日焼け後の荒れた肌では染みてしまったりもしますからね。

初めて使うシミコスメや美白化粧品は、お試しがあればそちらを使ってみて肌荒れしないか自分の肌に合っているかをまず確認してから使うようにしましょう。

今は人気美白化粧品もトライアルセットを用意してあるものがほとんどです。

5131213
公式ボタン

日焼け後の肌はトラブルだらけ?

日焼けケア画像

メラニン色素がシミの原因に

さて、焼けてしまったお肌の内側ではどのようなことがおこっているのでしょうか?

普段浴びない強い日差しによってその言葉通り「焼けて」しまっている、ヤケドと同じ状態の肌は、自分の皮膚を守ろうとします。メラノサイトがメラニン色素をつくり、紫外線の侵入を防ごうとするのです。

『日焼けをするとシミになる』と言われるのは、この肌の防御作用によってつくられる『メラニン色素』のしわざなのですね。

このメラニン色素が皮膚の中に沈着して「シミ」となってしまいます。

日焼け後にはシミ・しわが増える?

ほてり・ヒリヒリが収まったあとに来るのは

急激なお肌の乾燥です!

日焼けによって皮膚が熱を持ち、皮膚の水分が蒸発してしまうのですね。

肌の乾燥はシミだけでなくしわやたるみ、ニキビなどを引き起こす場合もあります。

肌を乾燥させないためには、何度も何度も化粧水を重ねづけしたり化粧水パックをしていつもより多めにしっかり保湿をし続けることです。

水分が蒸発しないように、寝る前にはクリームや乳液で保護することも忘れずにして下さいね。

病院に行くべき日焼けの症状もある?

日焼けケア画像

たかが日焼け・・・と侮ってはいけません。

紫外線を浴びすぎてしまうと、ひどい場合では自分の力では炎症が治まらない場合もあります。

まずは自宅で徹底的に冷やして水分補給するのが先決です。ひりひりした痛みがなくなるくらいまでとことん冷やします。

ひどい場合は皮膚科でお薬を

赤くなり皮がむけてしまったり、熱を持って痛くてたまらない・・。

水ぶくれになったり、それがつぶれてしまい乾燥しないで化膿してしまったりした場合はすみやかに皮膚科に行き薬を処方してもらうようにしたほうが良いでしょう。

「ただの日焼けで病院なんて恥ずかしい・・・」という自己判断で決めてしまわないようにしましょう。病院に行く事で収まる場合もあります。

特に顔や人から見える手足などでしたら、痕にならないようにするためにも、「ちょっと怖いな」と思ったら皮膚科にいってみるといいですよ。

病院後のケア

病院にいき薬をもらったら終わりではありません。日焼け肌のダメージから健康な肌を取り戻すための地道なケアは自分で行わなければいけません。

皮膚科の薬をぬって落ちつてくると、今度は皮が剥けだしてきますが、コレ、ついつい皮をはがしたくなってしまうもの。

ボロボロと剥がれ落ちそう、はがれかけになっている皮膚ほど気になることはありません!

しかし、

無理に剥いてしまうのはダメ!

皮膚にダメージを与えてしまいます。

まだはがれていないということは、新しい皮膚がまだちゃんとできていないということです。

自然に剥がれ落ちるのを待つようにしてくださいね。無理してむくと、その部分だけが色が変わってしまってさらに汚い肌になってしまいますよ!

発熱する場合も

あまりにも長い時間、紫外線や直茶日光にあがると体内に熱がこもって、体調が悪くなることもあります。熱中症のような症状や、身体が丈夫でない方は発熱して寝込んでしまう方も少なくありません。

特にまだ身体が小さい子どもさんの場合、海などのレジャー後に熱が出てしまう場合もあります。見た目の日焼けばかり気になりますが、子供の体調にもぜひ気をつけてあげてください。

特に日焼け部分を冷やすことが不十分な場合や水分摂取が足りない場合は発熱してしまうことが多いようですので、しっかり冷やして身体をゆっくり休ませましょう。

やはり予防が肝心!日焼けしないための対策

日焼けケア画像

「日焼けはもう二度としたくない!」

シミ対策・美白対策には「日焼けをしないための予防」が肝心です。

すでにうっかり焼いちゃった方のためにも、今からできるシミ予防や美白対策について検証してみたいと思います。

日光を肌にあてない・吸収させない!

とにもかくにも、肌に直接あたる日光を遮断しましょう!

日焼け止めクリームを塗ったり、日傘や帽子、アームカバーを利用します。

日焼け止めクリームは塗りなおしができるように、バッグの中に一つ常備しておくのがおすすめ。

頭皮と髪の日焼けの予防方法

また、海や夏のレジャーでは「頭皮」「髪」も日焼けします!

海に行った数日後、頭皮がフケのようにボロボロはがれてきた経験はありませんか?

髪がギシギシときしんで乾燥して傷んでしまったことは?

こうなると、水分補充するとか保湿ケアするとかいう問題ではなくなります。こうなるまえに頭皮や髪を守る工夫をしましょう。

海に行く前にリンスを薄めて髪に塗る

これは私の行きつけの美容師さんに教えてもらった方法なのですが、リンスやコンディショナーをちょっと薄めて髪の表面に塗るのが有効なのだそうです。

紫外線や乾燥から髪を守ってくれます!

海から帰宅後の、あのギシギシ・パサパサ状態を防いでくれるのだそうです。

※ただし、思いっきり海でバシャバシャ泳いだら、リンスは流れてしまって効果はなくなりますからね(笑)

アロマオイルで日焼け後のケア

日焼けケア画像

●ラベンダー・・ヤケドにおすすめ
●ペパーミント・・熱をとる・爽快感

ペパーミントで水風呂

全身の日焼けの場合はぬるま湯または水風呂で即効全身クールダウンさせる方法も良いですね。

浴槽にペパーミントオイルやハッカ油を数滴たらして、肌を冷やしましょう。ただ、あまり入れすぎると寒くなりすぎる場合もあるので、加減しながら少しずつ加えてみて下さい。

眠る前にラベンダーケア

化粧水や保湿クリームにラベンダーを1滴まぜて日焼け肌に塗りこみます。

保湿のためのオイルやワセリンなどと合わせてもいいですね。

眠る前ですとリラックス効果も高まりゆっくり休むことができますし、肌の修復もスムーズに行われるのでおすすめですよ。

肌のほてりをとって冷やすときに

日焼け後すぐに氷で肌を冷やすときに、ラベンダーかペパーミントオイルを加えるのもおすすめ。

氷水にオイルをいれて、タオルを入れてよく絞ります。そのタオルを日焼けした肌にのせてその上からナイロン袋にいれた氷をあてます。

氷だけでももちろん良いのですが、肌だけでなく心もリラックスさせてあげたいですよね。香りの力とアロマオイルの働きを借りてみてはいかがでしょうか。

ビタミンCで日焼けケア

日焼けケア画像

「肌を黒くしないためにできることは?」
「シミにならない方法ある?」

日焼けをしてしまったら、ビタミンCを積極的に摂取しましょう!

食事・サプリのほか、ビタミンC入りの化粧水など化粧品からでもかまいません。

日焼け後はビタミンCが大量に不足しています。ビタミンは肌の回復やダメージを受けさせない為にとても重要です。

ビタミンCを多く含む食品

野菜

・ピーマン
・ゴーヤ
・パセリ
・キャベツ
・モロヘイヤ
・かいわれ大根

野菜

・いちご
・キウイ
・柿
・オレンジ

フルーツを食べよう!

ビタミンといえばフルーツを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

もちろんビタミンCもそうなのですが、フルーツには日焼け肌に嬉しいポリフェノールが含まれているものもたくさんあります。

ポリフェノールは「抗酸化物質」として最近話題ですので、ご存知の方も多いかもしれませんが、お肌だけでなく身体全体の細胞が酸化して劣化するのを防いでくれる働きがあります。

ポリフェノールは皮の付近に多く含まれていますから、果物を食べる時は皮も食べることができるものは、皮ごと食べるのがおすすめです。

サプリメントもおすすめ!

ビタミンCは人の体内で合成することができませんから、食事などから摂取しなければなりません。ただ食事から摂るのはかなり大変です。

みかんやレモン、アセロラなどはビタミンCを多く含む食品として知られいますがそればかりを食べるわけにはいきませんよね。

ビタミンCは活性酸素を分解する働きがありまので、食品からの摂取が難しいのであれば上手にサプリメントも活用するようにして下さい。

ビタミンEも一緒に摂りたい

ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれています。

ビタミンCとEは抗酸化作用がどちらにもありますが、同時に摂取すると相乗効果が高まるのでとってもおすすめ。

日焼け後の肌のシミ予防や乾燥しわ対策にはぜひ進んで摂取したいですね。

ちなみに、ビタミンEが沢山含まれている食品には、

・ナッツ類
・植物油
・かぼちゃ
・パプリカ

などがありますので、ぜひCと一緒に摂取してみて下さい。

日焼け後のケアまとめ

日焼けケア画像

いかがでしたか?

日焼け後のケア方法をまとめてみましょう。

とにかくほてった肌を冷やす

熱をもって赤くなった顔や肌をまずは徹底的に冷やしてクールダウンさせましょう。

化粧水で保湿

冷蔵庫で冷やした化粧水やローションパックで何度も何度も水分を肌に補給してあげてください。

水分をしっかり摂取

自分自身も水やスポーツドリンクなどをのんでゆっくりと身体を休めるようにしましょう。

日焼けが収まってからシミ対策や美白対策を行う

日焼け後、肌が落ち着いたらシミ取り化粧品や美白化粧品を利用してケアをしましょう。日焼け後の肌はダメージを受けているので刺激の少ないものをチョイスしましょう。

トライアルセットがある美白化粧品の場合は肌に合うかどうかまずはお試ししてみるのがおすすめですよ。

日焼け後の肌はいきなり元の状態には戻りません。肌のダメージを優しくすみやかに取り除くこと、そして美白コスメによる毎日の地道なスキンケアが大切です。

失敗しないシミ化粧品選び!【私の体験済おすすめランキング】

5131213
公式ボタン

関連記事

  1. 日焼けかゆい?皮膚がん・シミ【悪影響のケア方法は?】
シミ取り化粧品で後悔?顔のシミを消したい!【私の体験口コミ】 > 日焼け後ケア > 日焼けかゆい?皮膚がん・シミ【悪影響のケア方法は?】

トラックバックURL

http://www.shimitori-honne-review.com/hiyake/%e6%97%a5%e7%84%bc%e3%81%91%e5%be%8c%e3%81%ae%e3%82%b1%e3%82%a2.html/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)